年少ちゅうりっぷ組では病院ごっこが盛り上がっています。ぬいぐるみの赤ちゃんの具合を、お医者さんが診てくれたり、「熱がありますね。注射しましょう」「お薬出すので飲んでくださいね」など、手際よく診察をしてくれます。パーテーションの奥には、薬を作って渡してくれる人がいるほど本格的な病院です!

お家ごっこをしていたお姉さん役やお母さん役の子が、紅葉した落ち葉と泥を使って「草もち」作りを始めました。テーブルいっぱいに並んだ草もちを見て、他のクラスの子どもたちもやってきました。「いらっしゃいませ~」「一つ100円です」「好きなのをとってくださーい」「ありがとうございました」とお家ごっこがお店屋さんごっこに早変わり。 買いに来てくれた子たちも、おいしそうに食べる仕草をしていました。

こちらのお家にはベランダがあります。縄跳びの縄を使って洗濯物干し場を作った子どもたち。この後、タオルや靴下やスモックなどを自分たちで準備して上手に干していました。秋の青空の下、あっという間に洗濯物が乾いたことでしょう。

初雁幼稚園では子どもたちが自由に遊ぶ時間がたっぷりと保障されています。その中で子どもたちは色々な友だちと関わり、アイデアやイメージを共有したり、時には意見を伝え合いながら、ひとつの大きな家族のように過ごしています。