運動会を経験し、体を動かす楽しさを味わった子どもたち。年長組の子が運動会の障害物競走で回った鉄棒に,興味を抱き始めた年中組の子たち。ここ最近は鉄棒の「前回り」に挑戦中です。 年長組の子も「おふとんみたいになってから回るんだよ」とアドバイスをしてくれます。 園庭にある「太鼓橋」「鎖あみ」「登り棒」など色々な固定遊具にもチャレンジをする姿が見られます。

縄跳びも年長組の子が跳んでいると「なにやってるの?」とやってきて仲間入りする他のクラスのお友だち。他の子の跳ぶ姿を見て、跳び方や歌を自然と覚えていっています。

年下の子は、年上の子に憧れの思いを持ち、良い刺激をもらっています。年上の子は年下の子に頼られる経験から思いやる心が育ち、自信にもつながっているようです。これからも子ども同士の育ち合いをそっと支えていけたらと思っています。