11月4日、いいお天気の中、年少組と年長組が一緒に歩いて初雁公園まで行ってきました。
登園してまず縦割り活動でリーダーとなっている年長組のお姉さんが、出欠席をとってくれました。そしてお休みの子のことや「みんなで楽しく行けますように」と神様にお祈りをしてくれました。
外にでて手をつなぎ出発!お姉さんお兄さんに守られながら、みんな頑張って歩きました。
公園につくと、まずはペアでネイチャーゲームをしました。どんぐり20個、イチョウの葉1枚、山の上から「やっほー!」と叫ぶこと、この3つをクリアするとカードにシールがもらえます。どのペアもやる気満々で、年長組のリードのもと協力しながら探したり、「ここにあるよ!」と声をかけたり、集めたどんぐりを仲良く分け合う姿に心が温まりました。
お弁当も、外でみんなで一緒に食べると一段と美味しく笑顔がいっぱいでした。
ネイチャーゲームの後も、どんぐり集めに夢中になったり、たくさんの落ち葉を掴み「それー!」と降らせていたり、幼稚園にないような固定遊具にも挑戦していました。
年長組が高いところまで登っているのを年少組が「すごいね」と憧れる思いで見ている姿もありました。

年長組の子が様々な場面で年下の子を気遣い、準備を手伝う姿に成長を感じると共に、異年齢でのつながりの大切さを改めて感じました。

秋の自然にたっぷりと触れ合い、年長組と年少組のつながりも深まり、笑顔がいっぱいの素敵な1日となりました。