幼児体育の専門である亀谷正美先生にお越しいただき、各クラスごとに運動遊びを教えていただきました。
第一回目は、ホールにて体を動かす楽しさと共に、バランスの取り方やどうすると前転ができるかなど子どもたちに楽しく、わかりやすく教えてくださいました。亀谷先生に初めて会った子どもたちでしたが、先生のユーモアあふれる指導に笑顔があふれ、どのクラスも時間を忘れ取り組んでいました。
そして待ちに待った二回目は、園庭でたくさん体を動かし、固定遊具にも触れながら教えていただきました。楽しく園庭を走り回った後は、鉄棒や登り棒にも触れ、保育者も指導のコツを教わりながら取り組みました。
「やってみよう、でもできなくてもいいんだよ。」と言いながらの亀谷先生の指導は、温かくもあり熱心で、とにかく笑いが絶えません。そんな雰囲気なので、子どもたちが自らどんどん挑戦していきます。いつの間にか、今まで鉄棒が得意ではなかったのに、できるようになっていた子もいました。
ご指導いただいたことを活かしながら、体を動かす楽しさをたくさん感じていけたらと思います。