川越にも雪が降った次の日、幼稚園でお餅つき大会を開催しました。朝早くから在園や卒園の有志のお父さん方や園児のおじいちゃんが、もち米をふかしたりお餅を搗いたりしてくださいました。子どもたちは、来年度入園するお友だちを迎えて、一緒に踊ったり、大型絵本を読んですごし、園児のお兄さんおねえさんである小学生は長縄跳びやゲームをしながら「もうすぐお餅をつけるかな」とたのしみにしていました。

お餅の準備ができ、順番に搗いている子どもたちはドキドキワクワク。「(杵が)重たかった」「おいしいお餅になるかな」「はやく食べたい」ととても楽しそうでした。

つきたてのお餅はお母さん方がちぎり、あんこ、きなこ、しょうゆ、お雑煮にしてくださいました。「おいしい」「搗きたてのお餅はいいね」とみんなでおいしくいただきました。

餅つきの途中では、有志のお母さん方によるすてきな出し物(劇とダンス)もあり、楽しいこと、素敵なことが盛りだくさんの1日となりました。

みなさんのご協力があったからこそできたことだと思います。ありがとうございました。