先週、たんぽぽ組におたまじゃくしがやってきました。小さな体を揺らしながら泳ぐ姿にみんな「かわいい~♡」と大興奮!みんなで相談をして育てることになりました。「いったい何を食べるのだろう?」と図鑑を広げ、金魚の餌も食べることを発見。年長組に金魚の餌を分けてもらいに行きました。

週が明けた今日、飼育ケースの水が汚れていることに気が付いた子どもたち。「うわぁ、臭い」「かわいそうだからお水替えてあげようよ」との声から、自由遊びの時間に当番の子や希望する子たちで水替えを行いました。

 

 

一匹は足が生え、カエルを思わせる姿に近づきつつあります。「カエルみたい!」「緑色になってきたね!」と子どもたちもその変化や成長を喜んでいます。これからもおたまじゃくしの成長を子どもたちと見守っていきたいと思います。