2階のホールでは色々な遊びが盛り上がっていました。

「積み木の迷路」に「橋渡り」「滑り台」「ボールプール」「粘土でおみせやさんごっこ」などです。最初は怖がって橋をなかなか渡れなかった子も、年上のお兄さんお姉さんが渡っていく姿を目にして挑戦する子姿も見られました。

三つ編みができるようになった年中組の子がスズランテープで三つ編みをしていると、年少組の子どもたちが「何やってるの?」とやってきてその姿をじーっと見つめていました。「私も作りたい!」との年少組の子の言葉に、年中組の子が「それじゃあ教えてあげる!」と言い、早速作り方を見せながら優しく教えてくれました。 年少組の子も嬉しそうな表情を浮かべていました。作り方を教えてくれた子も誇らしげにしていました。なんとも温かな時間が流れていて、こちらも心がほっこりとしました。