7月22日~24日に、年長組が二泊三日のお泊り保育へ出かけました。二泊することを話しても「楽しみ!早くいきたい!」と言って肝が据わっていた今年のすみれ組。朝、いつもの姿でしっかりと登園してきました。

残念なことにお休みのお友だちがいました。その子たちのことや、これからのキャンプを見守ってくださりますようにと神様にお祈りをしてから、8時過ぎ、保護者の方に見送られながらバスに乗って草津へ出発!高速道路に入ってからはなぞなぞやゲームを楽しみ、白熱しすぎて負けて悔し涙する子もいつつ、あっというまに草津の道の駅に到着。

DSCN2073

みんなでお家の人が作ってくれたお弁当を食べました。中にはお家の人からのお手紙いり!温かなお手紙とおいしいお弁当にパワーをもらい、自然たっぷりの公園を少し散策しました。道の駅

さあいよいよ、みんなが泊まるマーガレット館へ到着しました。荷物を置いたら、楽しみにしていた西の河原へ。西の河原は温泉が流れる湯の川で、まるで露店風呂!西の河原

勢いよく流れる川の中をどんどん進んでいく子どもたち。とってもたくましい!西の河原川の中にも冷たいところと温かいところがあり、「ここは冷たい!気持ちがいいね」「あっちのお風呂に行こう」と温度の違いも楽しんでいました。

たっぷりと遊び、夜ご飯を食べた後はキャンプファイヤーです。もっと燃えるかな?手遊びをしたり、歌をうたったり。じっくりと火を見つめながら、神様が与えてくださった火の話を真剣に喜く子供たち。キャンプファイヤーだんだんと暗くなり、火の明るさ、温かさ、存在をしっかりと感じながらマイムマイムやタタロチカなどのダンスも楽しんでいました。

一日目もこれでおしまい。パジャマに着替えて、歯を磨いて、あとは寝るだけ。「一緒に寝よう」「今日は約束しちゃったから、明日お隣にしよう」なんて約束ができるのも、二泊三日だからこそ。

寝る準備「明日はどこに行くんだっけ?」「明日も楽しみだね」そんな会話の中、涙を見せることもなく、あっという間に寝てしまった子どもたちでした。