園庭の木にたくさん実ったグレープフルーツ。

「この間はお茶作ったから今度はジャム作りたい!」そんな子どもたちの声からジャムづくりが始まりました。

グレープフルーツジャム

コトコトと煮込んでいます。

「パンにのせて食べるとおいしいよね~」「でもパンはないんじゃない?」「事務室に聞いてこよう!」

そんな会話から事務室にいる先生の所へいくとクラッカーを出してくれました。

その上にジャムをのせて各クラスに届けに行きました。

おいしそうに出来上がりました!

 

また別の日、グレープフルーツの実が残り2個であることに気付いた子が、「また何か作りたいな~」と言いました。

「お茶も作ったし、ジャムも作ったし、う~ん。それじゃあゼリーは?」そして「私もやりたい!」「僕も!」と仲間がやってきて作りたい子がグレープフルーツゼリーを作りました。

午後の自由遊びに開店したゼリー屋さんには長蛇の列ができるほどの人気!

ゼリー屋さん開店!

グレープフルーツが苦手だった子も色々な料理に変身したグレープフルーツによって食べられるようになる姿もみられました。

みんなで分かち合う姿がなんともほのぼのとしていて素敵でした。

IMG_3576