初雁幼稚園に年に三回来てくれている亀谷先生が7月に来てくれ、運動遊びが各クラス行われました!遊びの中で行われる亀谷先生のご指導は、子どもたちも先生たちも虜になるほど魅力的で面白く、どのクラスからも笑い声が絶えません!

年少組では子どもたちは色々な動物に変身!亀谷先生のもっている餌を食べに行ったり、トンネルをくぐって木のチーズを食べに行ったりしました。最後はマットの山をゴロゴロと転がりニコニコ笑顔の子どもたちでした。

年中組は園庭に集まりました。走ったり、けんけんをしたり、川の中にいるワニに捕まらないようにジャンプをしたりたくさん体を動かしました。その後鉄棒で「豚の丸焼き」や「前回り」に挑戦。初めて前回りをする子は少しドキドキしていましたが、回れると回れたことへの驚きの方が大きいようでした。最後はどの子も亀谷先生に抱きついて別れを惜しんでいるほどでした。

 

年長組はプールでの活動でした。洗面器に口をつけて顔を上げた時に「パッ」と言うところから始まり、その後ワニになってフラフープをくぐったり、次は洗面器に鼻までつけて「パッ」と言ったりと、子どもたち一人ひとりに合わせてほめながら指導してくれます。水に顔をつけるのが苦手な子も少しずつつけられるようになるその姿はまるで魔法のよう!子どもたちの自信にもつながることを感じます。

 

保育後の亀谷先生との振り返りの時間には先生たちもさまざまなアドバイスをいただいています。亀谷先生の一人ひとりの子どもの今の姿を捉えて、それに即した援助や関わりを聞いたり共に考えたりする時間は私たち保育者にとっても、とても貴重な時間になっています。