夏休みが終わると 園庭のサツマイモが大きくなっていたり、みかんが黄色くなっているのに気がつく子どもたち。地面に落ちていたみかんを拾ってきた子たちとみかんジュースを作ることになりました。かたい皮をむき、みかんの果汁をボールに集めます。
 

採れたみかん果汁に、お水と砂糖を入れて、よくかき混ぜます。「やりたい!」という子が集まってきたので、みんな1人10回ずつかき混ぜることになりました。
 

 
氷を入れて、みかんジュースの出来上がり。ほんのひと口ずつですが、みんなでコップに分けて頂きました。暑い日にみんなで作ったみかんジュースは最高!「おかわり!」の声がたくさん出て、あっという間にみかんジュースは空っぽになりました。おいしかったね!