10月、年長組が飯能にある多峯主山へ園外遠足に出かけました。

どんな山なのか、事前に話を聞いていた子どもたち。年長組しか登れない難しい山だと聞くと、ちょっぴりドキドキしてしまった子もいましたが、「運動会も頑張れたから大丈夫!」という頼もしい声が多くあがりました。

朝、川越駅に集合し、JRに乗って出発です。


電車の中では見るもの全てに感動の子どもたち。運転手さんとも交流させていただきました。

駅から少し歩くと、多峯主山の入口です。そこからは自分のペースで力強く登っていきました。

草の茂っている野原やなだらかな坂道、そして長い長い石の階段があり、いよいよ最後は……

男坂です。斜面が急ですが、くさりをつかみながら頑張って登りました。

そして登った先には……

頂上からの素敵な眺めが待っていました!きれいな景色に大興奮の子どもたち。お弁当もみんなでいただきました。

帰り道は細い道が続きます。落ちないように気をつけて……
最後は雨乞いの池。息をせずに7週回ると不思議なことが起こると言われている池だそうです。挑戦していた子どもたちです。
ちょっとだけ肌寒い日でしたが、頂上まで登りきった子どもの達成感は大きく、また1つ成長した年長組の子どもたちでした。