先日、全園児で今年度初めて、教会まで歩いてお祈りをしに行きました!

   初雁幼稚園では、毎日お祈りをしていますが、週に一度松江町にある川越キリスト教会まで歩いて行き、礼拝をしています。

   年少組は年長組のお兄さんお姉さんとペアになり、年中組は同じクラスや年長組とペアになって手をつなぎ、歩いて行きます。年長組の子どもたちが、教会までの道のりをペアの子を守りながら歩く姿には感慨深いものがあります。去年、一昨年は守ってもらう側だったのに、もう守る側になったのですね!頼もしい!

礼拝中は、初めてのことにドキドキしていたり、涙を流すお友だちに「大丈夫だよ」「こうやるんだよ」と教えてあげています。また、言葉はなくともギュッと手を握ってあげている子も。

   教会では神さまのお話も聞きます。この日は初めてなので、絵本を見ました。来週からは、先生たちが聖書のお話を素話でお話します!

  年長組になると「礼拝当番」もあります!司祭の先生と一緒に祭壇のロウソクに火をつけたり、みんなが捧げた献金を代表して祭壇にお捧げしたりします。去年から、「すみれ組になったらやるんだよね〜」とワクワクしていた当番。これからどうぞ、よろしくね!

   ドキドキ、ワクワクいろんな思いを胸に教会にやってくる子どもたち。きっと少しずつ慣れてくることでしょう。そんなみんなのことを神さまはいつも近くで見守ってくれています。神さま、今日もこうしていられること、お祈りできること、ありがとうございます…。

礼拝当番がロウソクの火をつけたり、消したりします。待ちに待った当番だね!なんだか背中が大きく見えるよ!


礼拝が終わったら、ペアで手を繋いで幼稚園に向かって出発!