毎年、6月の初めごろ「花の日親子礼拝」をしています。これは、いつもお花を咲かせてくださり、私たちに恵みをあたえてくださる神さまに感謝する礼拝です。普段の礼拝では献金をお捧げしますが、この日はそれぞれご家庭からお花を持ち寄り、お捧げします!また、いつもは園児たちだけで礼拝をしていますが、この礼拝は保護者の方で参加できる方は一緒にお祈りします。これは、保育参観ではなく、子どもたちとともにお花のこと、また日々見守ってくださることに感謝し、ともに礼拝することを大切にしています!
  朝、子どもたちは、持って来たお花を「見て!綺麗でしょ」「私は、家に咲いてた紫陽花だよ」「僕はお母さんとお店で選んだひまわり」と嬉しそうに見せ合っていました。

  礼拝堂の階段にお花をお捧げすると、その色鮮やかなたくさんのお花に「綺麗だね〜」とにっこり。みんなで聖歌を歌い、おいのりしました。

「かみさま、綺麗なお花を咲かせてくださってありがとうございます!」

  礼拝が終わった後は、お捧げしたお花をいつもお世話になっている方々にお届けに行きます!!たくさんお世話になっている方々の中から今年も、東京電力と市役所、幼稚園の裏隣のお宅にお届けに行きました。

  東京電力へは、代表して年中組が、裏隣のお宅へは年少組と年長組が、そして市役所にはお弁当の後年長組が届けに行きました。

「いつも私たちの暮らしを支えて、見守ってくださり、ありがとうございます!!」

  毎年お届けに行くたび、たくさんの笑顔で迎えてくださりありがとうございます。

  園にいるだけではわからない、たくさんの方が自分たちを支え、見守ってくださっていることを感じられる大切なときとなりました!!

神さまがあたえてくださるお花を通してたくさんの「ありがとう」を感じられる1日となりました!

礼拝当番がろうそくに火を灯して礼拝が始まります!これは、年長組のお仕事です!


みんなが持って来たお花、みんな違って、みんな綺麗!神さま、ありがとう!


東京電力のみなさんがお仕事中にも関わらず出迎えてくださいました!「いつも電気をありがとうございます!」


年長組は市役所に!大切にお花を抱えて持って行きます!


河合市長さんが子どもたちを迎えてくださり、お花を直接お渡ししました!帰るときには、ハイタッチをしてくださり子どもたちも嬉しそう。いつも市民のためにありがとうございます!


裏隣のお宅へ!いつも賑やかな声が響き渡っていますが、温かく見守ってくださり、本当に本当にありがとうございます!