初雁幼稚園では、各クラスを4つに分けて、縦割りの異年齢でくっつけたクラスも作り、週に1回程過ごしています!それを「ファミリー」と呼んでいます。年長のお兄さんお姉さんがファミリーのリーダーや副リーダーとなり、その子たちがファミリーのお父さんお母さんとなって過ごしています。年中組はお兄さん、お姉さん。年少組は弟、妹のように、十数人の子どもたちが家族のようにして、何をするか、それには何が必要かなど毎回子どもたちが考え合って活動します。保育者は、あくまでもサポーター。子どもたちの様子を近くで見守りながら、必要なときに手を差し伸べられるように影となり支えるように努めています。まだまだ、始まったばかりですので、手を差し伸べることも多いですが、クラスよりも一層子どもたちが主体となり、異年齢だからこその育ちあいを大切に過ごしています。

  第1回、第2回の活動でリーダーや副リーダー、ファミリーの名前を決めました。今回は第3回の各ファミリーの様子をお届けします!

「みかん、もも、アイスファミリー」               第3回目のファミリーは「おにぎり作り」でした。お米を炊いている間、何味のおにぎりにするかを選び、「塩」と「焼きおにぎり」に。お米が炊き上がるまで「かごめかごめ」をしました。「どうやってやるか分からない〜」という子も。「まずは手を繋いで丸くなるんだよ」と優しく教えてくれる年長組の子どもたち。みんなで数回かごめかごめを楽しんでいるとごはんが炊き上がりました。早速おにぎり作りスタート!お椀にラップを敷いてご飯をのせ握ります。年中組の子が「優しく握るといいんだょ」とみんなに知らせてくれました。塩味の子は塩をふりかけ握り、焼きおにぎりの子はホットプレートで握ったおにぎりを焼き、醤油をつけてまた焼きました。香ばしいかおりが漂ってきて「いい匂い〜」「早く食べたい!」と待ちきれない様子の子どもたち。みんなのおにぎりが出来上がりいただきますをしました。パクリ!「おいしい〜!」とご満悦なみんな。「もっと食べたい‼︎」と大はしゃぎの子どもたちでした。

おいしくおにぎりをいただきました!

「か〜ごめ、かごめ〜」「もうすぐご飯炊けるかな」


「なかよしおばけファミリー」                              自分たちのファミリー名となっているおばけを作ってお化け屋敷のショーをすることになりました。2階のホールに集まり、画用紙でおばけを作ることにした子どもたち。お面にして、目のところをくりぬき、自分の目をギョロギョロ動かして驚かそうとする子もいれば、手に赤く塗った紙を貼って衝立の裏に隠れて腕だけを出して「おいで〜」と手招きをして驚かそうと考える子、おばけの絵を描いて手で持ち、それとともに自分の表情でも表現する子…さまざまで面白い!!演出も考えました。「始めはステージに隠れてステージの1つだけ電気をつけて他は消そう」「衝立に隠れて、怖い音楽をかけたら手招きをして驚かせよう」「その後はみんなで踊って、お客さんを楽しませよう」こうして、もう1つおばけ作りをしていたパンダファミリーのみんなにおばけのショーを見せました!!「面白かったね〜」とその後、別の日にもお化け屋敷をする子がいるくらいでした。

「口と目がパクパク、ギョロギョロ見えるの〜」

「おいで〜おばけだぞ〜!」中央の子はお客さんの呼び込み係!


「ねるねるちかてつでんしゃファミリー」       ねるねるちかてつでんしゃファミリーでは、フライドポテト作りをしました。ペアで協力しながら、ジャガイモの皮をむき、スティック状にみんなでジャガイモを切りました。「皮むきは、こう持てば、やりやすいよ。」とか、ペアのお友だちがやりやすいように押さえてあげたり、協力しながら、作りました。油で揚げ始めると、美味しそうな香りがしてきて、「そろそろできたかな?」「これくらいの色なら出来上がりだよね。」とみんなでフライドポテトを囲みながら、楽しみ待ちました。出来上がったフライドポテトのおいしかったこと!!!みんなあっという間にたいらげました。「みんなで頑張って作ったから美味しいんだね。」と言いながら、満足顔のみんなでした。

「もうできたかな〜」実習生の先生も一緒に子どもたちとポテト作りに挑戦!

「いいにおい〜!」「早く食べたいな〜」

 

「パンダファミリー」                                           「おばけを作って驚かせたい!」とのことで、パンダファミリーでは、おばけ屋敷ごっこをしました。それぞれ、画用紙に思い思いのおばけを描いて、ハサミで切って、割り箸をつければおばけの完成!可愛いおばけや、怖いおばけ、それぞれ自分オリジナルのおばけが出来上がりました。同じくおばけ屋敷ごっこをするというファミリーと約束をして、見せ合いっこをすることに。フリーウォールに隠れて、リーダーの「せーの」の掛け声と共に、おばけを一斉に登場させました。「おばけだぞ〜」「ひゅるるるる〜」と言いながらおばけを動かしている子どもたちの顔は、笑顔でいっぱい!子どもたちのこうしたい!という思いがたくさん詰まったおばけ屋敷ごっこは、大成功となりました。

「ひゅるるるー」どのおばけも素敵!!

後ろから見るとこんな感じ!なかよしおばけファミリーが見て、驚いていました!