回数を重ねるごとに、集まる子どもたちの様子も変わってきました!朝ちょっぴりドキドキしていても、クラスを出発するときには「行ってきまーす!」と楽しそうにファミリーの部屋へ行く子どもたち。ファミリー活動の時以外でも、手を洗っているときにファミリーの仲間を見つけると、嬉しそうに「一緒の○○ファミリーだよね〜」と嬉しそうです。少しずつ、確実に仲を深めているのを感じます。

  今回は第4回目の様子をお伝えします!先ずは2つのファミリー!残りの2つのファミリーの様子はまた後日掲載しますので、お楽しみに!!

   「なかよしおばけファミリー」                    今回はおにぎり作り!何のお料理をしようか考えた中で決まったものです。登園したリーダーがお釜にお米と水を入れてガスレンジに運び炊きました。途中、事務の先生や園長先生にも手伝ってもらい炊き上がったご飯をファミリーの時間が始まったら運んでくれました。頼もしいリーダー!!作るのはわかめおにぎりと焼きおにぎり。どちらを作りたいか各々自分で決めて、2チームに分かれてスタート!わかめチームは自分たちでわかめと塩を混ぜます。「よいしょ!よいしょ!」「はい、次どうぞ!」と声をかけあって綺麗に混ぜました。焼きおにぎりチームは、先ずはご飯を、中にラップを敷いた紙コップに入れてフリフリ!ある程度形ができて、冷めてきたところで取り出して握りました。そしてホットプレートへ。焼けたらハケで醤油を自分たちで塗りました。「あ〜、いい香り!」「早く食べたい!」と笑顔がこぼれます。わかめチームも同じようにコップを使って握りました。どちらも出来上がって食べると「おいしい〜」の歓声が!自分たちで作って食べるって心にも体にも大きな糧となったことと思います!最後は、使った道具(ボールやハケなどなど)を「洗いたーい」と言ってみんなで綺麗に洗いました!!

混ぜたわかめおにぎりをギュッギュッ!おいしくなりますように〜

醤油を塗ったら、いい香りがしてきた〜!食べたーい!何度も塗ろう!

 

「みかん、もも、アイスファミリー」            ホールにて「大型積み木で迷路作り」をしました。「スタートはここにしよう」「じゃぁゴールはステージにしよう」「ワニが出てくるっていうのはどう?」と次々に色々なアイデアが出てきました。大きな積み木は数名で運んだり、年少の子が積み木を運ぼうとしていると年長の子か運ぶのを手伝ったりしていました。迷路が出来上がりみんな探検隊になってひと遊びしていると、一人の子が「あっちとこっちから歩いてきて、ぶつかったところでジャンケンして、勝った方がどんどん進んでいくやつやろうよ」と提案。「落っこちちゃったらワニに食べられちゃうってことにしよう」と先ほど出ていたアイデアも加わりました。リーダーリードのもと赤と白のチーム分けができ、ゲームスタート!みんな慎重に積み木の上を歩いていきます。ルールがあやふやな子には知っている子が優しく教えていました。 さて、ゲームは二回戦行い、結果は引き分けに。「迷路とっておこう」との声が上がり、片付けはお弁当の後にすることになりました。二階のウッドデッキからみんなで作った迷路を眺めながらいただくお弁当の味は、よりおいしかったことでしょう。

「どーん!ジャンケンポン!!」勝ったら進めます。負けたら、チームの次の人がスタート!

力を合わせてできた迷路!!