待ちに待ったマーガレット館に到着!!

  マーガレット館の前で、近くのバルナバ教会の司祭さんご家族のみなさんが迎えてくださいました。とても笑顔が素敵で温かいみなさん。今年もお会いできて嬉しかったです!

  みんなでマーガレット館でお世話になるのでご挨拶をし、気をつけることなどを聞いてお祈りをしました。

  いよいよ自分の大きなリュックを背負って中に入ります!幼稚園で「トトロに出てくるお家みたいだよ」と聞いて来た子どもたちは、重たい大きな荷物を運びながらも「本当にトトロに出てくる家みたい〜!」「楽しいね〜」とウキウキ。自分たちの寝る部屋にリュックを置いたら、マーガレット館探検に出発です!

  トイレや水道、ホールや食堂…目を輝かせながら一周ぐるーっと回った子どもたち。マーガレット館に子どもたちの足音が響き渡りました!

探検をしてホールに到着!「広いね〜寝転んでみよう〜!」


  さて、お次は西の河原へ出発です!

  サンダルや着替えが入っている袋をリュックから出して外に集合します。ところが、あちらこちらから「ない〜!」「どこに入ってるかわからない〜」の声。昨日の準備会で確認したときにどこに入っていたか思い出せるよう声をかけたり、周りのお友だちが助けてくれたりして無事に発見!!出発です!

  何か困ったことがあったとき、この3日間の中で、まず自分で考えてみたり、友だちに助けを求めたり、友だちと助け合う大切さや自分たちで解決していく力を少しずつつけていってほしいなと願い過ごして行きたいと思いました!

  西の河原までの道には草津で有名な湯畑の前を通ります。「なんだか、たまごみたいな匂いがする〜」と子どもたち。「面白い色〜」と温泉地ならではの発見をしました。

「湯畑の色、綺麗だね!」

湯畑の前で、ハイ!チーズ!みんなで来られてよかったね!


  河原に到着すると「わ〜い!ここに入れるんだね」とウキウキワクワク!!着替えて早速入ります。つま先を入れてみて、こっちでは「冷たい!」あっちでは「あったかい!」の声。お互い移動して水温の違いに驚き、気持ちいいねとにっこりです。そして、慣れてくると「向こうまで行ってみよう!」と下流に向かって、先生たちと歩き始めました。途中膝までの深さのところを見つけて、温泉に浸かるようにしゃがんでみたり、平らなところを見つけて数人で寝転んでみたり、足湯の場所で「あー、気持ちいい」とまったりしたり…。存分に楽しみました!!先生たちの「帰るよ〜」という声に「えー、まだ入っていたい」というほど!

「あ〜、温泉みたいで気持ちいいね〜」

「この川、面白いね!」「こっちは冷たくて、こっちはあったかい!」


  お風呂上がりのように気持ちよさそうな顔でマーガレット館に帰って来たら子どもたちは、荷物整理をして、少しゆっくりしながら「記者ノート」を書きました。記者ノートとは、子どもたち一人ひとりが記者となり、この3日間草津キャンプで発見したことや気づいたことを書いていくノートです。西の河原河原はどうだったか、温泉はどんな匂いだったなど…。絵で表現する子や先生に頼んでひらがなの点線を書いてもらってなぞったりしながら書き込みます。

  また、庭ではチャプレン先生が夜のキャンプファイヤーのために木材を組み立てています。書き終わった子は「手伝うよ〜」と一緒に準備をしたりもしました。そんなこんなでゆっくりしていたら、夕食の準備の時間。今日の夕食当番が食堂へ行き、テーブルを拭いたり、お箸や食事のお皿を並べたりします。準備が終わると、2階にいるみんなを「ごはんだよ〜」と呼びに来てくれます。「やった〜」と駆け降りて手洗いに行き、当番に案内をされた席に座りました。当番が自己紹介し、おかわりのアナウンスをして、お祈りをして「いただきます!」「みんなで食べると美味しいね〜」「これ、苦手なんだよね」「えー、美味しいよ!」色々な声が聞こえてきます。

みんなで食べるとおいしいね!


  このキャンプでは、自分たちの生活は自分たちで動き、考え、助け合って、自分たちの力を出し合って作っていきます。大変なこと、葛藤もあるけれど、それを乗り越えた時の喜びや自信、次への活力を大切に過ごしていきます!食事も友だちの励ましもあり、苦手なものにも挑戦してみたり、食べ終わった食器は台所まで運びます。

  さあ、おいしい食事の後は長袖を着てキャンプファイヤーです!

  まだほんのり明るさの残った外に集まり、チャプレン先生から火についての話を聞きます。そして、代表の2人が火の精として点火します。ばぁっとついた火に「うわ〜」と歓声があがりました。しばらく炎を見つめる子どもたち。パチパチと火の粉が空高くへあがっていきます。すると、「も〜えろよ、もえろ〜よ」と歌い始め、子どもたちの歌声パワーも炎のように盛り上がります。司祭さんのお嬢さんが音楽をかけてくれて、みんなでジェンカやタタロチかを踊って楽しみました!!神様が与えてくださった、人間だけが使うことをゆるされた火を大切に、楽しい時間が過ぎていきました。キャンプファイヤーの最後は、静かに今日1日を振り返り、就寝のお祈りをして終わりました。

キャンプファイヤーのスタート!

♪も〜えろよ、もえろ〜よ〜


  「あ〜、楽しかったね」「うん、またやりたいね〜」と話しながら部屋に戻り、今度はパジャマに着替えたり、歯磨きをしたり、寝る準備です。「一緒に寝よう!」など寝るのもウキウキしています。準備ができたら布団に寝転び紙芝居。目がとろ〜んとしてくる子もチラホラ。電気を消して「おやすみなさい」夜、ちょっぴりお家の人のことを思い出してシクシクする姿もありましたが、そのうちみんなぐっすり。こうして1日目は終わっていきました。

「ふあー、眠たくなってきた〜」