とても寒い日の朝、外から「先生!霜がある!!」と嬉しそうな声が聞こえてきました。


数名の子と一緒に見に行くと、畑に霜柱が出来ていました。「すごいね、キラキラしてるね」と覗き込み、「どうしたら溶けるのかな」「霜柱を研究したい、霜柱研究隊だ」と話が進み、最終的には「これを使って冷たいケーキを作ろう!」ということに。


シャベルで土をそっと掘り返して、手でバケツに集めていきます。


畑のある場所は日陰でとっても寒いのですが、霜柱への興味が勝り、そんなことは気にしない子どもたち。小さな園庭にも、たくさんの冬の自然があることを気付かせてくれました。