年中組にいるカブトムシの幼虫。土がどんどん減り、うんちが増えてきたので土替えをすることに。

みんなでひっくり返してみると……


大きな幼虫が何匹もでてきました。「うわぁ!」とびっくりの子どもたち。まずはふるいにかけてうんちを取り除きます。


予測以上にとれるうんちの量にまたまた驚きの声があがります。うんちは土の臭いがしてあんまり臭くないね、と話しながらどんどんふるいにかけていきます。


新しい土を入れて、昆虫を戻して、霧吹きをしてお世話完了。早く夏にならないかな、とカブトムシになるのを心待ちにしていました。