神様のお恵みを受けて、どんどん育っていった野菜たち。

かぶは、間引きをしながら葉っぱを食べてしまう虫を発見しては取り除き、大切に育ててきました。その甲斐あっていくつものプランターに大きなかぶがたくさん実り、食べる日を楽しみにしていました。


そしていよいよ、代表でかぶ班がまとめて収穫しました!すぽっと抜けるかぶに「これ大きい!」と盛り上がる子どもたち。


みんなでよく洗って、皮をむいて……


そのまま切って塩もみや、ホットプレートで炒めて塩炒めを作りました。他のクラスにも分けて、みんなでおいしくいただきました。

普段、あまり野菜を食べれない子も自分たちで育てた野菜は「おいしいよ!食べれた!」と食べてしまう子が多いのです。

中にはお家の人に夕飯に作ってもらえるようお願いしていた子もいました。

時間をかけて自分たちで育てた野菜の味は格別です。神様の恵みを実感し、改めて感謝する機会となりました。