年長組の栽培物の中で、最後に収穫できたかぼちゃ。ようやく食べれるようになり、育てていたチームを中心に料理をしました。

まずはかぼちゃの種を取り除きます。みんなで分担して中をきれいにくり抜き……

包丁で細かく切っていきました。細く切ったものは素揚げ用に、厚く切れたものは煮物用に分けていきます。

まずは素揚げから。ホットプレートに多めに油をひいて焼き揚げにしていきます。

揚がったかぼちゃに塩を振りかけて完成!

ちょっとだけ味見をしてみると「ほくほくで甘くておいしい〜!もっと食べたい!」と歓声があがりました♥

そして次の日には煮物を作りました。

手分けをして調味料をいれて煮込むといい香りがしてきます。

他のクラスにも分けると、「作ってくれてありがとう」とお礼の言葉が届き、嬉しそうなすみれ組の子どもたち。かぼちゃは苦手だったのに食べられた!という子もいました。

改めて神様のお恵みに感謝し、みんなでおいしくいただきました。