11月から、たんぽぽ組で、忍者の修行ごっことして、園庭の固定遊具を使っての活動を始めました。

園庭を一周

1人ずつ、まずは園庭を一周してスタート。

はつかりやまを登るぞ

次は、はつかり山を駆け登って山を超えます。

アスレチックを登るぞ忍者の綱渡り

太鼓橋を渡るぞ!アスレチックを登って、綱渡りをします。お次は太鼓橋を登り、てっぺんで向きを変えて降りてきます。このてっぺんで向きを変えるのが、ドキドキする子には、難しかったのですが、だいぶみんな出来るようになってきました。

くさり編み登るぞ続いてくさり網を登り、上の黄色い横棒にタッチして降りて来ます。出来るようになってくると黄色い横棒を乗り越え、反対側から降りてくる子もいます。

鉄棒で豚の丸焼き

最後は、おでこを鉄棒に10秒くっつけての豚の丸焼き。出来る子は、前回りや、逆上がりをしての鉄棒の技となります。

この一連の忍者の修行を「もう一周やる!」と何周も張り切って楽しんでいる子どもたち。

たんぽぽ組から始まった忍者の修行ごっこは段々とすみれ組、ちゅうりっぷ組にも広がっていきました。自由遊びの時間も忍者修行を何十周もやる子もいて、そのパワーに感心します。

高い所や、固定遊具に怖さを感じていた子も回数を重ねるうちに、出来るようになって自信をつけている様子。

楽しみながら、固定遊具に親しんでいってもらえればと思っています。