2日目の朝は体操から始まりました。

「かいぞくたいそう」と「ラジオ体操」をし、その後すぐ近くのバルナバ教会でお祈りをしました。

そこではハンセン病の人たちのために尽力されたリーかあさまのお話も聞きました。

マーガレット館に戻ってから、朝ごはんのオープンサンドを食べました。

それから子どもたちが楽しみにしていた熱帯圏へ出発!

いろんな動物や虫の標本を見て、最後にドクターフィッシュのコーナーに行きました。

「くすぐったーい!」「きたー!」と、子どもたちは大盛り上がりでした!

少し時間があったので、マーガレット館に帰る前に、しょうとく公園で遊びました。

鬼ごっこをしたり、幼稚園にはない遊具に挑戦したり、たくさん体を動かしました。

お昼を食べてから、カレー作りをしました。

お当番で練習していたからか、野菜を切るのがとっても上手でした!

それからスイカ割りをしました。残念ながら雨が降ってきたので、お部屋の中で新聞紙の棒で行いました。とってもおいしいスイカを何度もおかわりをして食べました🍉

その後ハガキ書きをしました。お家の人に向けて、自分の楽しかった思い出を書いていきます。それぞれステキなハガキができあがりました!

2日目も大滝の湯に行きました。1日目よりも時間がたくさんあったので、子どもたちはいろいろなお風呂に入ってとても楽しそうでした。

マーガレット館に戻って、みんなで作ったカレーを食べた後、キャンプファイヤーを予定していましたが、あいにく雨が降り始めてしまいできませんでした。「ならばお部屋でやろう!」ということで、お部屋を真っ暗にし、一人ひとりが腕に巻けるサイリウムを持ってキャンプファイヤーの内容を行いました。4色のサイリウムが、踊るたびに綺麗に光り、とても綺麗でした。

その後で暗闇探検も行いました。てつなぎペアで1階からスタートして、2階のお部屋に自分の名前のお札を置いて帰ってきます。最初は怖がっていた子どもたち。けれど、帰ってくる時には、どの子も「あーたのしかった!」「もう1回行きたい!」と笑顔が見られました。泣いていた子も「行く!」と言って、怖がるお友だちを連れて行ってあげたりとたくましい姿が見られました。

夜は嬉しそうにサイリウムを腕に巻いて眠っていました。

雨が降ってできないことがあっても、それを残念がるより、できることを楽しむ子どもたちの姿に成長を感じた2日目でした。