埼玉県川越市にある1901年(明治34年)創立の埼玉県最古の幼稚園。
アクセスマップ個人情報保護方針

職員紹介

  • HOME
  • 職員紹介

スタッフ①
桜が満開になった園庭での預かり保育でのことです。桜の花びらを集めてバケツに入れ「春のスープ!」とにっこり一人の子が言うと、泥団子を作っていた子は花びらをのせて「春味のだんごです」と嬉しそう。次々と桜の花びらを使って「春色」を楽しんでいました。子どもたちが見つける「春色」はどれも心がポカポカ温かくなるものばかりでした。ちょっとしたことだけれど、一つ一つがキラキラ輝く宝物のよう。そんな宝物を子どもたちと保護者の皆様とたくさん見つけ、喜び合えたらと思っています!
スタッフ②
 先月、大学を卒業しました。一番の思い出は、コーディネーターを務めてきたことです。毎年4月に行われる、2日間の新入生キャンプで、どのようなレクをするか、何についてディスカッションをするか、約一年かけて決めていき、当日も中心となって進めていくというものです。この活動では、授業では得られないような資質を、たくさん身につけることができました!まだまだ未熟者ですが、子どもたちと一緒に成長していきたいと思っています。温かく見守って頂けると幸いです。よろしくお願いします!
スタッフ③
 春休み、新学期の準備をしながら、パワー溢れる子どもたちとまた今年も一緒に過ごせるかと思うと、ドキドキワクワクが止まりませんでした。今年もまた、子どもたちの成長に驚かされる日々だと思います。元気いっぱいに初雁幼稚園を引っ張ってくれるすみれ組に負けないように、私もたくさん成長していきたいです!涙と笑顔の卒園式を目指して、一年間どうぞよろしくお願い致します。
スタッフ④
今年も満開の桜を観に、市内の桜の樹を歩いて周りました。毎年家族揃ってわいわい夜の散歩に出ていましたが、段々とついてくる家族が減ってきて、今年は母娘2人の花見となってしまいました。自分にまとわりついてくれる子どもたちとの時間は、貴重なものだったとちょっぴりしんみりした今年の花見でした。パワー溢れるたんぽぽ組のみんなの中で過ごせる一年を楽しみにしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
スタッフ⑤
 暖かい春の陽に、フランシス館の沈丁花はあっという間に花の時を終え、もうすでに牡丹の蕾が膨らみ始めています。庭に3つあるカマキリの卵の孵化も早まるでしょうか。今年度も預かり保育を担当させていただきます。明るくあたたかいフランシス館で、降園後の子どもたちが、お家に帰ってきたように安心して過ごせる時間にしていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
スタッフ⑥
 初めまして。4月から初雁幼稚園の先生として働くことになりました。子どもたちに会えるのが楽しみで目をつぶってもなかなか寝付けないでいます。私は大宮に住んでいて、川越にほとんど来たことがなかったのですが、幼稚園に来る途中にとても素敵なお店がたくさん並んでいて、川越散策もしたいなあと思っています。これからよろしくお願い致します。
スタッフ⑦
   春は出会いの季節です。昔から人見知りで、小学校・中学校・高校・大学まで入学するたびに、初日は自分から話しかけることができず、話しかけられるのを待っているばかりでした。それゆえ、旧姓が森田の私は、友だちになる子の名前がマ行かヤ行の子が多くて、ア行の人は憧れの存在でした。今も交流が続く仲間たちは入学初日のことを忘れているかもしれませんが、私は髪型や服装までよく覚えています。とても嬉しかったから。いつまでも出会いの喜びと感謝を忘れずに、またこの季節を迎えたいと思います。
スタッフ⑧
 昨年11月より初雁幼稚園で働いています。素直で優しい心を持つ子どもたちから日々パワーをもらっています。初雁幼稚園は、陽だまりの中にいるような温かい空気に包まれているように感じます。それはここに集う子どもたち、保護者の皆様、先生方の心の内から湧き出てくるものなのだと思います。そんな心がほっとする初雁幼稚園の一枝になれたらと思います。よろしくお願いいたします。
スタッフ⑨
 初雁幼稚園チャプレンの鈴木伸明です。チャプレンとは普段聞き慣れない言葉かもしれませんが、幼稚園や学校、病院、施設などでキリスト教牧師の働きをする者をチャプレンと言います。皆さんと一緒にお祈りをし、過ごす時間を楽しみにしています。神様のことでわからないことがあったら何でも聞いてください。
PAGETOP
copyright(c) hatsukari-kg All rights reserved.